疲れない働き方

仕事で同僚との競争は不要です『のんびり働く3つのコツ』

投稿日:

競争意欲の高い人たち

「もっと会社でのんびり働きたい。指示は守るけど、不必要に仕事を増やしたくないし、出世もしたくない。どうやったらゆるく働けるようになるの?」

という疑問にお答えします。

 

30歳からのスローワーク編集部(@30slowwork)です。

個人事業+会社員の仕事を続けるため、会社はのんびり働くことを意識してます。残業もできるだけ断ってますし、お金にならないサービスはしません。

そんな私がのんびり働く方法をご紹介します。

 

当記事の内容はこちら

  1. のんびり働く3つのコツ『競争意識を捨てる』
  2. 会社は社員を競争させている
  3. 仕事のできない人になった方が会社はラク

 

会社って上手に社員を操作してます。そこに気付ければのんびり働けるようになりますよ。

1.のんびり働く3つのコツ『競争意識を捨てる』

レース場のゴミ箱

忙しく働いてしまう理由は『競争意識』が原因です。なので競争意識を捨てるだけでのんびり働けるようになります。

競争意識は単純に『仕事』だけでは無くて、友人たちとの見栄争いとか「凄い!」って言われたいとかそういうことも含みます。

ただ、会社は競争意識の高い場所なので捨てるのは大変。

 

とりあえず以下の3つのことから取り組みましょう。

  1. 同僚との出世競争をやめる
  2. 理不尽だなと感じた仕事を断る
  3. コミュニケーション力を付ける

 

コツ① 同僚との出世競争をやめる

同僚との出世競争をやめるだけでのんびり働けるようになります。

同僚だけ出世するって嫌ですよね。自分が仕事できないように思われますし、給与だって違ってきます。だから無理して働いてしまいます。

同僚が残業をすればあなたも残業をすることになります。同僚の仕事が増えればあなたの仕事も増えます。

 

人は自分のペースで仕事ができない時に『急かされてる』と感じます。

人との競争をやめてマイペースで働ければそれほど疲れません。

コツ② 理不尽だなと感じた仕事を断る

物理的に不可能な仕事や、自分の責任外の仕事は断ってもOKです。

あなたが対応できない量の仕事を任せた場合はパワハラ扱いできます。あなたの仕事量を知らない上司の責任でもあります。

 

日本人って頼まれたら断れない人が多いんですけど、1度でもOKしちゃうと会社はそれをあなたの仕事にしちゃいます。

のんびり働きたいのならのんびり働けるだけの仕事量を引き受けることが大切です。

コツ③ コミュニケーション力を付ける

コミュニケーション力を付けると上手に仕事を断れるようになります。

断り方が下手だと上司が怒ります。かと言って断らないとYESマンになります。

どんな仕事だって人間関係は付いて回りますので、仕事を上手に断る方法を身につけましょう。

 

※コミュニケーション力が低いなら『人とかかわりにくい仕事』がオススメです。疲れない仕事の3大条件とは『つらい労働をしたくないあなたへ』』をご覧下さい。

作業に没頭できる仕事内容・人から見られない作業が多い仕事だと人間関係のトラブルが減ります。

疲れない職場
疲れない仕事の3大条件とは『つらい労働をしたくないあなたへ』

「色んな仕事があるけどできるだけ疲れない仕事に就きたいな。人間関係で悩みたくもないし・・・。どんな業種が良いとかある?」 そんなお悩みを解決します。   30歳からのスローワーク編集部(@3 ...

続きを見る

2.会社は社員を競争させている

アドバイザー
会社は社員の労働効率を上げるために常に競争心を煽っています。

会社は社員を競争させてます。

新人採用も1人ではなくて2人・4人のようにまとめて採用が多いです。競わせるためですね。

ライバル同士、数字を争ってくれれば会社的には利益です。

 

  • この案件をまとめてくれたら昇進させる
  • あの子の退職を引き止めてくれたら昇進させる

 

みたいな話は良くありますね。

競争ってキャパオーバーの仕事を無理して引き受けるようになりますので、のんびり働くとは間逆のこと。

あなたがのんびり働けないのも競争心が強すぎる同僚がいるからかもしれません。

①会社に利用されるのではなく、会社を利用する

のんびり働くためには会社に利用されるんじゃなくて利用することが大切です。

会社を利用する方法はたった1つ。

「安定」を使うことです。

 

会社って仕事をたくさんしてもしなくても一定の給与が保証されてます。社会保険と厚生年金も会社が半分払っています。

会社に属しているだけで大きなメリットがあります。

 

なので、会社は属するだけがラク。無理して仕事を引き受けず、残業もできるだけ断ります。これでも会社はあなたを保証しますしクビにもできません。

足りない給与は仕事の勉強はもういらない?!月収3万円をプラスするのに必要なことをご覧下さい。

個人的に勉強してクラウドソーシングで引き受ければOK。個人で稼げる力ができれば、会社が倒産しても平気です。会社だけに依存するよりはるかにメリットがあります。

仕事の勉強をする人
仕事の勉強はもういらない?!月収3万円をプラスするのに必要なこと

「家で仕事の勉強をするほど熱意は無い。」 「仕事の勉強なら仕事時間中にするのが当然でしょ?」 当記事では家で仕事の勉強をする必要がない理由をお話します。   エンジニアやプログラマのように、 ...

続きを見る

3.仕事のできない人になった方が会社はラク

のんびり働けない人って真面目なので仕事ができちゃいます。

仕事に追われて時間が無いから、

「のんびり働きたい・・・。給与はほどほどでも良い。」

とか考えます。

宝くじが当たったら何かを欲しいと思わずに『南の国でバカンス』と言う人がそうですね。時間が無いからのんびりとした時間が欲しいんです。

ハッキリ言って仕事はできない人ほどラクです。

①仕事ができれば任されてしまう

仕事ができれば会社はあなたの仕事を増やします。これが日本流。

 

外国だと3日でやる仕事を1日で終わらせたら残りの2日間は休暇になります。

 

この違いが『のんびり働けない状況』になります。

だから最初から仕事なんてそんなに引き受けなくて良いんです。1日かけて終わらせる仕事は1日かければOK。そうすればたくさんの仕事が回ってきません。

外国人労働者なんて日本流じゃないですよね。

言われたことしかやりませんし時間になったらサッサと帰ります。

あなたも外国人労働者的に行くべきです。上司から叱られないようコミュニケーションだけ取っておけば大丈夫。後はのんびり働きましょう。

②期待されないと仕事をしないは別

ただし、仕事をしないのはダメです。

会社にいる以上は与えられた仕事はソツなくこなすべき。そうしないとボーナスや昇給が減っていく恐れがあります。

会社員を上・中・下に分けたとして、上を目指すのは止めましょう。

中か、中と下の中間辺りに属していれば重い責任の仕事も回ってこなくなります。

まとめ

ちなみに私は『個人事業』という枠組みがあるので、会社での競争は早い段階で捨てました。

なんですけど、無理して残業しない・人の話を聞くとかが評価されて昇進できました。面白いものです。

普段仕事をしない人が仕事をするから評価されやすいってこともありそうですね(ギャップ)。

そういう意味でも働きすぎは良くありませんよ。

 

以上、「仕事で同僚との競争は不要です『のんびり働く3つのコツ』」という記事でした。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SlowWork

SlowWork

新卒で月残業100時間のブラック企業入社。身体を壊したため、働きやすい小さな工場に勤める。10年後、パワハラのため退職させられました。 会社員+個人事業者の視点から人生と仕事の付き合い方を発信しています。

-疲れない働き方

Copyright© 30歳からのスローワーク , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.