疲れない働き方

上司に怒鳴ってしまったら辞めるべきか『精神的に少し休むべき』

投稿日:

上司に怒鳴ってしまった人

「ずーっと、ずーっと上司から嫌味を言われ続けてきて・・・ついに怒鳴っちゃった。ぶちギレ。でもこの後ってどうしたら良いんだろう。会社にも居づらいし・・・。」

という悩みにお答えします。

 

30歳からのスローワーク編集部(@30slowwork)です。

上司に怒鳴っちゃったら早く逃げた方が良いです。ストレスの原因が無くなるわけでもないし、あなたもギリギリの状態だからです。

 

当記事の内容はこちら

  1. 上司に怒鳴ってしまったら辞めた方がいい3つの理由
  2. 会社はあなたをクビにしない
  3. 普通の職場はそんなにストレスがたまらない

 

やっぱり会社で怒鳴っちゃうと居場所が無くなります。他の人からも「えっ!」みたいに思われますし、要注意人物な扱いになります。

後悔しても遅いので対処を考えた方がいいです。謝ってなんとかなるものでもありません。もっとデリケートな問題です。

1.上司に怒鳴ってしまったら辞めた方がいい3つの理由

会社を辞めた男性

上司に怒鳴るって何も良いことがありません。そういう状況になった以上、さっさと転職した方がラクです。

理由は以下のとおり。

 

  1. 会社で良い評価がもらえなくなる
  2. あなたが怒鳴っても環境は良くならない
  3. 会社中に噂が広まる

 

『怒鳴る』って感情的なイメージがありますけど、理論で勝てない・伝えられない時にやっちゃう行動と言われています。

やっぱり上司の性格を考えつつ、大人な言動で状況を打破できなかった点は考え直した方が良いです。

①会社で良い評価がもらえなくなる

誰かから怒鳴られて喜ぶ人はいません。上司がどんなに優しい対応をしたとしても心の中では「イラっ」としてます。なので、普通の評価がもらえなくなります。

会社はお金をもらうための場所です。

給与を上げてもらうには会社にあなたの頑張りを知ってもらわないといけません。

あなたの頑張りを会社に伝えてくれるのが『上司』です。直属の上司から好かれていないとあなたの給与は増えません。昇進やボーナスにも影響します。

 

上司も人なので怒鳴ったりした部下に復讐します。

私の同僚がことあるごとに工場長に怒っていましたが、最終的に『辞めるの?辞めないの?』みたいな陰口を叩かれました。

影でどんなことを言われているか探っておいた方が良いです。

②あなたが怒鳴っても環境は良くならない

怒鳴ったり泣いたりすれば『分かってもらえる』と思っていませんか?会社ってそのくらいじゃ環境は変わりません。

なぜなら、会社は色んなことが複雑に絡み合ってます。

例えば給与が少ない怒りで怒鳴ったとしましょう。あなただけ給与を上げることはできません。

あなたの給与を上げたら、その上司・同僚も上げないとダメ。「怒鳴ったら給与が上がる。」と分かればみんな怒鳴りますよね。

 

こんな感じで、社員の感情で環境はコロっと変わりません。もっと言えば、社員が熱中症で倒れても空調は設置されません。利益が無ければ対応できないからです。

③会社中に噂が広まる

会社は閉鎖された空間です。小さな噂も3日で全員に伝わります。

日本の会社は『階級』で動いているところがあって、気に食わない人をいじめる雰囲気が根強いです。

あなたの行動は社内では『イレギュラー』。

上司から上司仲間へ。役員へ伝わります。そこから一気に下の役職まで伝わっていきますね。そうなるとあなたは『怒らせたらダメな扱いづらいヤツ』です。

会社の居場所が無くなります。

2.会社はあなたをクビにしない

30歳男性
会社としても怒鳴る社員はいらないんじゃないの?それならクビにすればいいのに。
会社は社員を簡単に辞めさせられません。
アドバイザー

会社が社員を解雇できるのは正当な理由があるときです。

社会的に誰もが処分を当然と思う行為でない限り、会社は社員に重い処分をできません。(誰もが処分を妥当と思う内容の例は飲酒運転や2週間以上の無断欠勤などですね。)

怒鳴るくらいでは会社は注意できる程度。クビになんてできません。

 

私の会社ではフォークリフト運転時の不注意で通行人とぶつかってしまった事故がありました。それでも会社側から『クビ』という指示はありませんでした。

①会社に残るか残らないかはあなたが決める

上司に怒鳴った結果、辞めるか辞めないかはあなたが決めることになります。

既にお話したとおりあなたは社内で居場所が無くなっています。会社に残るのなら上司に謝って今まで以上に仕事に励まなければなりません。

 

  • 上司に謝る意思があるか
  • 気持ちを入れ替えて仕事ができるか
  • 今後、怒鳴ったりしないか

 

の3つを考えて残るか残らないかを決めましょう。

3.普通の職場はそんなにストレスがたまらない

「怒鳴ったこと」を問題視してきましたが、根本の問題は違います。

普通の職場って人に怒鳴るほどストレスはたまりません。

なぜなら、その前に『相談できる環境』だからです。

あなたも上司に相談して上司が行動してくれたのなら文句は言いませんでしたよね。少なくとも怒鳴ることは無かったでしょう。

 

私も普段から話を聞いてくれる先輩にイラっとしたことはありません。

怒鳴るほど怒りを覚えるのは『現場のことを何も知らないし、真剣に話を聞いてくれない上司』でした。

 

そういう意味でも上司に怒鳴ってしまった会社にいるべきではありません。

まとめ

私はつらくなったら泣いてしまう性格なので、上司の前で何度も泣いてきました。

一応は心配してくれるんですけど、結局は現場の変化はありませんでしたね。今思えば仕事先で泣くのも普通の精神状態じゃ無かったです。

あなたも職場で怒鳴ってしまうほど疲れているんです。

当記事では『辞めるべき』と伝えてきましたが、仕事を頑張りすぎず少し休むこともオススメします。

 

以上、「上司に怒鳴ってしまったら辞めるべきか『精神的に少し休むべき』」という記事でした。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SlowWork

SlowWork

新卒で月残業100時間のブラック企業入社。身体を壊したため、働きやすい小さな工場に勤める。10年後、パワハラのため退職させられました。 会社員+個人事業者の視点から人生と仕事の付き合い方を発信しています。

-疲れない働き方

Copyright© 30歳からのスローワーク , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.