疲れない働き方

仕事のモチベーションは無理に上げなくても大丈夫『波があります』

投稿日:

モチベーションが上がらない男性仕事のモチベーションが上がらない男性

「仕事のモチベーションが全くでない。30歳だから役職も就いているんだけど、毎朝起きるのがつらい。こういう人生を送りたかったんだっけ?」

というあなたに言葉を送ります。

 

30歳からのスローワーク編集部(@30slowwork)です。

 

仕事には波があります。モチベーションを無理に上げなくても大丈夫。

人の気持ちって簡単に変わりません。

「あの子を好きになれ!」とか上司に言われても、誰かを好きになることってできませんよね。それと同じです。

1.仕事のモチベーションを上げるのも上司の仕事

あなたには上司がいますよね?

30代の上司だから係長や課長クラス。彼らの仕事の1つに『部下のヤル気を出させる』があります。

あなたのヤル気はあなただけの問題ではありません。上司にも責任があるのです。

だからあなた一人で燃え尽きなくても大丈夫。

「最近気持ちが上がらなくて・・・。」と相談したって良いんです。あなたの顔を見て上司も「ただ事じゃないな。」って気付いてくれるはず。

仕事のモチベーションの正体って何? ⇒ お金です

仕事を『生きがい』とか『趣味』って言う人もいますけど、仕事の正体ってお金稼ぎです。

お金をたくさん貰えれば、

「ああ、評価されたんだな。」

って嬉しくなります。

戦国時代もそうでしたね。働いたら働いただけの褒美を貰います。あれと同じ。

あなたのモチベーションが落ちているのは正しい評価が貰えていないから。

あなたは頑張っているつもりでも、他人がそれを認めてくれないから。つらいですよね。だから自分で自分を認めてあげてください。

「いつも頑張っているな。」って。

ご褒美に美味しいもの・・・1人で回らないお寿司を食べたっていいですし、こそっとラウンジとか行くのも良いでしょう。

そういう風にバランスを取っていかないと、どんどん疲れが溜まっていきます。

2.仕事のために頑張るんじゃなくて、別のことをのために頑張ろう

仕事って頑張ってやりたいです?

正直言って、ラクしてお金が稼げれば最高ですよね。そう、仕事って頑張れないものなんです。

上司から理不尽なことで叱られて、後輩から「こうしたほうがいいんじゃないですか?」って色々と口出しされて。疲れちゃうに決まってます。

 

でも仕事のモチベーションを上げる方法もあるんです。

それは『仕事を頑張るための何かを見つけること』です。

子どもが生まれた。結婚が決まった。欲しいものができた。

これなら頑張れますよね。仕事はつまらなくても、ご褒美や自分にとってかけがえの無いものが見つかっているからです。

 

どうしても仕事を頑張らなきゃ。って思う真面目さんは仕事以外で大事なものを見つけて下さい。

逆に普段から仕事を真面目にしようと思っていない方は自分のための大きなご褒美を見つけて下さい。少し良い車に乗ってモテたいとか。そういうことが大事です。

仕事のモチベーションが上がらないのは普通。安心してください。

あなたは仕事のモチベーションが上がらなくて悩んでいたと思います。

それって普通のことなので安心してください。

みんな、仕事のことで悩んで苦しんでます。仕事が楽しくて楽しくて仕方無いって人はほんの一握りだけ。少しぶっ飛んだ人です。

日本人は耐える習慣ができてます。

たまには発散してください。

 

何度もお伝えしていますが、仕事のモチベーションを左右するのは仕事外のことです。上手に自分を操作して仕事と向きあえるようにしましょう。

 

次の話『仕事のモチベーションを下げるのは上司の一言『見返してやりましょう』

小言がうるさい上司
仕事のモチベーションを下げるのは上司の一言『見返してやりましょう』

小言がうるさい上司 「上司がいつも口を出してくる。頑張った仕事に対しても『まだできるだろ。』みたいに嫌味を言ってくる。どんどん仕事のモチベーションが下がってしまう・・・。」 とガッカリしているあなたへ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SlowWork

SlowWork

新卒で月残業100時間のブラック企業入社。身体を壊したため、働きやすい小さな工場に勤める。10年後、パワハラのため退職させられました。 会社員+個人事業者の視点から人生と仕事の付き合い方を発信しています。

-疲れない働き方

Copyright© 30歳からのスローワーク , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.