疲れない働き方

仕事でやる気が出ない理由『あなたの会社でやるべきことが無くなった』

更新日:

たくさんの仕事道具たくさんの仕事道具

「仕事でやる気が全くでない。どうしてだろう・・・。特にミスも無く順調に仕事をこなしてきたのに、急に燃え尽きてしまった。仕事に生きがいが見出せない。」

という悩みにお答えします。

 

30歳からのスローワーク編集部(@30slowwork)です。

 

特に原因が無く仕事でやる気が出ないのは、あなたにとって今の会社が小さくなってきた証拠です。やるべきことも無くなってしまい、ただ作業をするだけの毎日。

仕事にやる気が出なくて当然です。

そんなあなたがすべきことは2つしかありません。

1.仕事でやる気が無くなったら『仕事を作ることを考える』

今の会社でやることが無くなったら仕事を作ることを考えましょう。

会社のためになること。たくさんあるはずです。

基本的には利益につながること。会社のホームページでブログを作ってSNSと連携させて集客を狙うも良し。

工場ならDIYして作業効率の向上を狙ってもいいです。

そうした取り組みは会社のプラスになりますよね。でも上司はきっと面白く感じません。自分の居場所が無くなるからです。

そこで会社の器が試されます。

仕事を頑張ったのに評価されない会社はいらない

あなたは会社のために頑張りました。それを評価しない会社っていりません。

普通の会社なら上司は褒めます。

「自分でこんなに率先して働いてくれるなんて。他の人も見習わせたい。」

くらい朝礼で言って当然。

それをしないのって、会社のことじゃなくて自分が大事な証拠。そういう上司のいる会社は『会社の考えそのものがダメ』とも言えます。

 

あなたは会社を選ぶ権利があります。

あなたを評価しない会社の中であなたの居場所ってありませんよね。そうなったら気軽に転職を考えても良いです。

30歳からの転職。スキルもありますし社会経験も十分。

今から1人で離島に行って民宿を手伝いながらサーフボード片手に海に行く日々を送ったって良いんです。

それは・・・今の会社で理不尽な扱いを受けるよりずっと人間らしいことです。

2.仕事と向き合ってこの先の働き方を考える

あなたにとって会社が小さくなったらこの先の働き方も考えます。

ずっと今の会社に残って細々と生活していくのか。

会社には安定だけを求めて個人でもお金を稼いでいくのか。

それともキャリアアップを目指して転職するのか。

どれを選んでもあなたは誰かから否定されます。

「お前は自分勝手だ。」「どこの会社に行っても同じだ。」

そんな意見に飲まれる必要はありません。あなたはもう30歳。自分で責任が取れればどんな人生を送ったって良いんです。

30歳だから仕事じゃなくて人生を考えよう

仕事のことを考えるって小さなことです。

だって仕事は人生を良くするツールの1つ。本当は人生のことを考えるべきです。

会社の中で上司の愚痴を言い、誰かの悪口を言い過ごすってつらいですよね。人は誰だって誰かの悪口を言いたくありません。

「ここは給料も高いし残業も無い。良い会社だよ。でも人のことを悪く言いすぎだ。」

という理由で辞めるのも立派な理由です。私は素敵だと思います。

 

仕事でやる気が出ない時は働き方を見直すチャンス。

今のままの人生で良いのか考えて見ましょう。

 

次の話へ『仕事が頑張れないのは甘えじゃない『気持ちは努力じゃ改善できない』

仕事のやる気が出ない人
仕事が頑張れないのは甘えじゃない『気持ちは努力じゃ改善できない』

仕事に頑張れなくなった人 「仕事を頑張れ頑張れって言われる。もう十分に頑張ったよ・・・。別に評価なんてどうでも良い。俺は少し休みたいんだ。それでも努力しないとダメなのか。甘えなのか。」 という悩みにお ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SlowWork

SlowWork

新卒で月残業100時間のブラック企業入社。身体を壊したため、働きやすい小さな工場に勤める。10年後、パワハラのため退職させられました。 会社員+個人事業者の視点から人生と仕事の付き合い方を発信しています。

-疲れない働き方

Copyright© 30歳からのスローワーク , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.