セミリタイア

60歳まで働く必要ってあるの?日本人の働き方の異常について解説します

投稿日:

仕事をするか悩んでいる60歳

「このままずっと60歳まで働かないとダメなの?もっと自由に55歳くらいでセミリタイアしたって良いんじゃないの?」

そんな疑問にお答えします。

 

30歳からのスローワーク編集部(@30slowwork)です。

働き方は自由です。お金さえあるのなら60歳まで働く必要はありません。日本人の「普通」は少しおかしいんです。

 

当記事の内容について

  1. 節税+資産運用で2年分の給与はまかなえる
  2. 離島でのんびり暮らしたっていい
  3. 私たちが散財するのはストレスが理由

 

当ブログを書いている私自身、60歳まで働く気がありません。55歳くらいで世界一周の豪華客船の旅に出たいと思ってます。

それが無理かと言えばそんなことはありません。知識があれば全然できちゃいます。

日本特有の「頑張って働くべき」をさっさと捨てましょう。

1.節税+資産運用で2年分の給与はまかなえる

資産運用する男性

まず知ってもらいたいのが、お金を稼ぐ方法って会社員だけじゃないこと。

 

  1. クラウドソーシング
  2. 資産運用
  3. 個人事業

 

など、今はパソコン1台あれば何でもできちゃいます。

それでも会社員勤めにこだわるのは「情報不足」。時代に遅れています。

会社員も人口不足による労働力不足で倒産数が増えています。リスク分散もかねて資産運用くらいはして当たり前。

 

デザイナーやプログラマー。ライターはクラウドソーシングを利用したフリーランスが増えています。あなたも会社に勤めながら数年間勉強すれば月2~3万くらいは稼げるようになります。

 

そのお金で資産運用すれば20年で500~600万は稼げます。

①20年間ロボットに預ける運用だけで+350万円

最近CMにもなったロボアドバイザーサービスをご存知ですか?

お金を預けるだけでロボットが勝手に資産運用をしてくれるサービスです。手数料が年間1%と高いんですけど、年間で3~5%の利率が狙えます。

銀行に比べるとビックリするくらい高いですよね。

 

最初に200万用意して、月々1万円の積立を20年間継続した場合。年利5%なら4,596,400円。税引き後でもおよそ350万円残ります。

 

情報を知らない人だけが損をしている時代です。

知っていれば2~3年働いただけのお金が稼げます。しかも預けているだけです。別の方のブログですけど、ロボアドバイザーだけで不労所得月10万を狙っている人もいます。運用実績などご確認下さい。

②そもそも高い車って必要?

次に考えて欲しいのが『車』です。

車って物凄い出費なんですよ。

10年に1度200万円で新車を買ったすれば一生で800~1,000万円。

保険と維持費で年間40~50万円かかります。40年で計算すると1,600~2,000万円。

 

車を節約すれば100万円単位でお金が浮きます。

資産運用と一緒に考えれば5年分生きていくお金が算出できちゃいます。

2.離島でのんびり暮らしたっていい

30歳男性
60歳になったら仕事をやめて、離島とかに家を建ててのんびり暮らしたい。

こんな考えはありませんか?

今の日本は年金が何歳になってもらえるか想像できません。特に私たち20代・30代はもらえない可能性があります。

となると60歳以降も働かないといけない!と思いますよね。

でも待ってください。

維持費が無くなれば全然生きていけます。生きていくだけなら月10万もあればOK。

既にお話したとおり、数年単位で勉強すれば個人で月10万円稼ぐ仕組みは作れます。

 

お金を貯めて40歳で離島に家を建てる。そこで仕事を見つけてのんびり暮らすのも自由です。

何のために働くのか。正しい仕事の選び方と向き合い方についてというタイトルで働き方について詳しく解説しています。

仕事はあなたの人生を良くするためのもの。仕事のためにその場所にこだわる必要はありません。

やってみたい生き方があるのなら、それを前提として仕事を探せば良いだけ。

 

60歳でセミリタイアにこだわる必要だってなくて、40歳で年収250万ストレスゼロ生活をしたって良いんです。

①仕事はどこでも見つかる。問題なのは世間体を気にすること

「でも、仕事って見つからないでしょ?」

とお思いでしょう。

今は仕事がたくさんあって人が足りない時代。だから外国人労働者の数も増えています。

離島だって求人を探せば見つかります。パソコン1台あれば自宅で作業もできます。リモートワークだって可能。

 

問題なのは「皆ががんばって働いている中、自分勝手な働き方をして良いんだろうか。」という比較です。日本人は回りと比較しやすいですからね。

そこから抜け出すには海外旅行で海外の行き方を見るのが近道です。先進国じゃなくてアジア圏が良いですよ。

誰もが自由に暮らしていますから。

3.私たちが散財するのはストレスが理由

「どれだけ働いてもお金が無い!セミリタイヤなんて無理!」

という人に限ってお金をメチャクチャ使ってます。

ブランド品を買ったり、先ほどお話したように車を買って改造したり。広い部屋に住んだりスマホを買い替えるのもそうですね。

 

なぜそんなにお金を使ってしまうのか。原因はストレスです。

お金を使うのはストレス解消になります。たまに贅沢したくなるのも同じですね。

自由な働き方・目的に合った生き方をしているとストレスはたまりません。そもそもお金を使おうと思わないんです。

特に女性は買い物依存症になりがちです。

ストレスで買ったもの
仕事のストレスを買い物で解消は危険【結局お金が無くなるだけ】

27歳女性あーもう忙しくてイライラする!今度の休みはショッピングでドカ買いしよっ!でも、月10万も買い物するのはヤバいかな・・・。 こんな心配を解決します。   当記事の内容は以下の通りです ...

続きを見る

 

格好良い人・可愛い人と結婚して、子どもに習い事をさせて・・・というのがあなたの人生の目的にあっていれば構いません。

でも、子どもにのびのびと育ってもらい、妻と一緒に毎日海で遊ぶ。という生き方もあることを知っておいてください。

①ストレスが無ければやりたいことをし続けるだけ

私自身、今は会社員+個人事業という働き方をしています。

会社員は正社員ではありません。個人事業の幅を広げて、会社員はほどほどにしています。

正社員勤務時と比べてストレスがほぼ無くなりました。朝起きて「会社に行きたくない。つらい。」と思うこともありません。

お金を使いたい!と思うことが無くなっただけでなく、個人事業が楽しくて楽しくて仕方ありません。

正直言って車は必要なし。一応軽自動車1台を持っているだけ。

地方に小さな家を買ったので家賃も6万円。

後は楽しい仕事を休みなく続けていき、早期リタイヤを考えています。

 

日本は良い学校に入って大企業に入社し、死ぬまで働くという教育が当たり前になっています。これを捨てた人だけが『若くして年収1,000万円台』になっていますし、低ストレスで楽しく生活しています。

まとめ

1日10時間以上働いたって年収400万を超えるかどうかじゃないですか。しかも上司からは怒鳴られ、理不尽な命令を押し付けられてばかり。

日本人は働きすぎなのに生産性が悪いんです。

もっと伸び伸びと働くことを意識しましょう。むしろ会社員勤めはほどほどにしておいて、自分でお金を稼いだ方が中間搾取が無くて稼げますよ。

離島で仕事するなら貝殻でアクセサリを作ってラクマで売りますね。それでも月5万はいけます。

 

こんなイメージで自由に働きましょう。それがセミリタイヤへの近道でもあります。

以上、「60歳まで働く必要ってあるの?日本人の働き方の異常について解説します」という記事でした。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SlowWork

SlowWork

新卒で月残業100時間のブラック企業入社。身体を壊したため、働きやすい小さな工場に勤める。10年後、パワハラのため退職させられました。 会社員+個人事業者の視点から人生と仕事の付き合い方を発信しています。

-セミリタイア

Copyright© 30歳からのスローワーク , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.