お金と時間の話

30代で人生をやり直す方法『リセットすべき3つのこと』

投稿日:

離島で心機一転する道具

「20代。仕事もダメ。ついつい借金もしちゃったし、恋愛も出会いが無かった。30歳になって人生をやり直すことってできるのかな。何から始めれば良いのかな。」

そんな疑問にお答えします。

 

30歳からのスローワーク編集部(@30slowwork)です。

20代で4回転職しました。婚約破棄も経験しましたし、難病指定のメニエール病も発症。さらにパワハラで10年勤務した会社を退社。

そんな私が人生をやり直す方法をお話します。

 

当記事の内容はこちら

  1. 30代で人生をやり直すための3つのリセット項目
  2. マイナスをゼロにすることからスタートする
  3. 自分なりの『幸せ』を考える

 

物凄い現実的な話をしますが、大事なのは「お金」です。取りあえず仕事と住む場所が見つかれば何とかなります。

大事なのは『どういう環境で働いていくのか』ですね。それで幸せの形って決まっちゃいます。

そういうことを詳しくお話しますね。

1.30代で人生をやり直すための3つのリセット項目

遠くの地で歩く人

人生をやり直すために必要なことってそんなに多くありません。

具体的には以下の3つをリセットします。

  1. 悪い人間関係を切る
  2. 過酷な仕事・働き方を変える
  3. 人と比較してしまう環境を変える

 

リセット項目① 悪い人間関係を切る

人間関係には良い悪いがあります。

あなたを悪くしている・・・悪い見本となっている人間関係をリセットします。親や兄弟が該当していても同じです。

例えばこういう人たちです。

  • お金を借りようとしてくる
  • 束縛してくる
  • あなたの行動を決め付けてくる

既にお話してますが、まずお金は大事です。お金を平気で借りてきたり価値観が全く違う人はリセットします。

次に行動です。

あなたがガッチガチのブラック企業で働いていたとしても「勤め続けるのが当たり前。」みたいに言ってくる人はおさらばです。

人の影響力って凄いんですよ。

20代がつらかったのは、あなたが良いように操作されていたからです。

リセット項目② 過酷な仕事・働き方を変える

次に仕事や働き方を変えます。

本当は仕事や働き方って『人生を良くする手段』に過ぎないんですが、日本だと間逆なことが多いです。仕事次第で人生が決まってしまいます。

20代が全て「仕事の思い出」しか無いのは働き方が間違っていたから。

だから恋愛も失敗しますし、健康も悪化します。サクサクっと仕事を変えちゃいましょう。転職はそんなに特別なことじゃありません。

私も30代になってから働き方を変えてます。退職して個人事業メインの仕事に切り替えました。

20代は頑張って月100時間の残業もしてましたが、結果的に難病のメニエール病を発症。偏頭痛にもずーっと悩まされました。

健康なだけで人生前向きになるものです。

リセット項目③ 人と比較してしまう環境を変える

3つ目は「人と比較する環境をリセット」です。

これまた日本人に多いんですが、人と比べがちです。人と比べて劣っていると『恥ずかしい』と感じてしまい、何とかその域まで頑張ろうとします。

なので見栄で家や車を買っちゃいますね。

人と比べるって都会や田舎はあんまり関係なくで、その土地の雰囲気で決まります。

私はニューカレドニアに新婚旅行に行きました。物価は日本より高く給料の低い土地です。

でも、目の前には『天国に1番近い』と言われるリゾート地が広がっています。夕方には誰もが仕事をやめてビーチでのんびり遊んでます。

忙しい生き方をしていない土地に行くことで、今までと全く違った生き方ができます。

2.マイナスをゼロにすることからスタートする

アドバイザー
まず、20代でマイナスのことを持っている人はゼロにしましょう。

何かをリセットする前に『マイナス』があってはいけません。

例えば借金。

借金のある状態だとどこに行っても『借金に追われる生活』が待っています。取りあえず利息だけでも払わなくて良いように相談すべきです。

マイナスがゼロになったら儲けもの。後は自由です。失うものもありませんし、始めて社会に出たときのように自由に仕事を選べば良いです。

1人離島で未経験の仕事に就いても良い

例えば離島の住み込みの仕事ってたくさんあります。

参考 離島の住み込みのお仕事(沖縄・西表・石垣・淡路・八丈島・初島・小笠原)

 

寮・まかない付きのペンションサポート・ホテルの調理補助などが多いですね。

月給は都会に比べると低め。でも、先ほどのニューカレドニアの例のようにリゾート地での仕事ができます。仕事が終わればサーフボード片手に海に出かけるのも良いでしょう。

のんびり自然と一緒に歳を取っていく生き方はきっと「のんびりした毎日」になります。

海外で月5万円で暮らすのもアリ

ちょっと敷居は高いんですが東南アジアに移住もアリです。

あちらは物価などすべてが安いので月5万円ほどで食べていけます。パソコン片手に自宅でクラウドソーシングをすれば月3万は稼げます。残りの2万を現地で稼いでいくだけ。

エンジニアでリモートワークしながら海外で生活している人。少しずつ増えているんですよ。

3.自分なりの『幸せ』を考える

私も20代は何度も絶望を感じました。

10年間勤めた仕事をパワハラでやめた時も「妻子を抱えてこれで良いのか?」と何度も自問自答しました。

でも、自分が笑顔じゃないと家族もつらいだろうなって思ったんです。

あなたも自分の幸せを考えてみましょう。きっと20代は自分より回りのことばっかり見てたと思うんです。

「本当は結婚もして幸せに暮らしたかった。」

とか、夢もあったでしょう。そういう夢にもう1度向き合ってみましょう。

あなたが幸せならそれで良い

【30歳】朝から晩まで働くことで失う3つのもの【お金以外で】という記事を書きました。

私たちは人と比較して、仕事ばかりしていて、大事なものをたくさん失っています。

本当は欲しかった服があるのに『似合わないぞ』と言われて買うのをやめた。そんなことも比較の1つです。

人の意見じゃなくて自分の意見で生きてみましょう。

 

30歳から自由に動けるというのはある意味チャンスです。

まだ人生は長いのですから。

まとめ

私は本気でどうしようも無くなったら雪山で酒でも飲んでやるかー。という気持ちで生きてます。

そのくらい人生には理不尽なことが多いですし、働くって大変です。安定してお金を稼ぐにも努力が必要です。

だから後悔の無いように。1日1日を精一杯生きてみましょう。

そのためにまずは人間関係・環境・働き方の3つをリセットすることから始めましょう。

 

以上、「30代で人生をやり直す方法『リセットすべき3つのこと』」という記事でした。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SlowWork

SlowWork

新卒で月残業100時間のブラック企業入社。身体を壊したため、働きやすい小さな工場に勤める。10年後、パワハラのため退職させられました。 会社員+個人事業者の視点から人生と仕事の付き合い方を発信しています。

-お金と時間の話

Copyright© 30歳からのスローワーク , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.